エラ(Ella)を最安値で購入する方法

子供を産んで育てるというのは、かなり責任が重い事なので、しっかり覚悟を決め、子育ての準備を進めた上で妊娠したいと考える女性が多いです。なので予定外の妊娠を避けるために、性行為の際には、きちんと避妊を徹底する必要があります。


そして避妊と言えば、男性にコンドームを付けて貰うという方法が一般的です。ですがその方法だと、男性がついついコンドームを付け忘れたまま、性行為を行ってしまう恐れがあります。更にコンドームを装着したものの、穴が空いている等して、機能しないケースも考えられるのです。

だからこそ、予定外の妊娠を絶対に避けたい女性は避妊を男性任せにせずに、エラ(Ella)を用意しておく事をおすすめします。というのもエラ(Ella)は、緊急避妊薬として避妊失敗から120時間以内に服用する事で、高い確率で妊娠を防ぐ事が可能です。しかも従来の緊急避妊薬が72時間以内の服用が必要だった事を考えると、エラ(Ella)は使い勝手の面でも優れています。

そんなエラ(Ella)ですが、国内では市販されていないので手に入れるには病院に行き、医師に処方して貰う必要があるのです。ですがその方法だと手間とお金が掛かるので、厄介だったりします。なのでエラ(Ella)を手軽かつお得に手に入れたいなら、市販が許可されている国の通販サイトから、個人輸入するという方法を実行すべきです。

しかも海外の通販サイトをチェックし、一番安くエラ(Ella)を販売しているサイトを探す出せば、最安値での購入が実現出来ます。

>>エラを最安値で購入へ<<

最新のアフターピルのエラ(Ella)の高い効果

避妊具が破けてしまったなどいざという時のために、アフターピルを備えておくと良いでしょう。

エラ(Ella)という最新のアフターピルがあります。
性行為から5日以内に飲めば85%の割合で効果があります。
3日以内なら95%です。

早く飲むほど避妊成功率は高くなります。
また、一般的なアフターピルは時間を空けて2錠飲む必要があります。1錠を飲み、さらに12時間後にもう1錠飲まなければいけません。ですが、エラ(Ella)は1錠飲むだけです。その主成分についてはウリプリスタール酢酸エステルという成分です。

ウリプリスタール酢酸エステルの作用については、受精卵が着床しないようにする作用があります。エラ(Ella)の副作用に関しては、腹痛や吐き気などです。
だるさやむくみなども報告されていますが、いずれも軽いです。

なお避妊完了の出血を待っている間に続けて飲んではいけません。
また、エラ(Ella)を飲んだ後もホルモン剤による避妊は続けることができます。

次の月経までの間は他の方法で避妊することをおすすめします。値段は高めですが、エラ(Ella)は驚くほど効果が高いですから、高額を出す価値は充分にあるでしょう。

エラ(Ella)を使ってみた体験談

私がエラ(Ella)を購入するようになったのは3ヶ月ほど前のことで、彼氏との性行為について不安要素があったのでアフターピルがほしいなと思うようになったことがきっかけでした。

そこで色々なアフターピルについて調べてみて、婦人科に行かなくても購入できるというところからエラ(Ella)の情報を見つけたのでパッチタイプと言うところに興味を持って購入してみました。

実際に使ってみた体験談としては、とにかく使いやすいと言うところが良かったです。通常のアフターピルは飲み薬なので水がないとの醜いと言う事から状況によっては飲み忘れてしまうという事もあるのですが、エラ(Ella)はパッチタイプなのでただ貼るだけで効果があるというところが嬉しかったです。

旅行先にも持ち込みやすいというところも嬉しかったですし、アフターピルとしての効果はもちろんですが副作用を感じる事がないというところもポイントが高かったです。

しかも効果の持続時間が120巻と非常に長いところもポイントで、通常のアフターピルみたいに焦って使わないといけないと言うわけではないので余裕を持って使えるというところも、そのおかげで使う事を若干忘れそうになるところはありますが良かった点だと思います。

>>エラを最安値で購入へ<<

望まぬ妊娠を回避できるエラ(Ella)の口コミ

何度か避妊に失敗したことがあり、妊娠したかもと不安な時期を過ごしたことがあるので、口コミで読んで気になっていたエラ(Ella)を購入しました。出番がなければそれでもいいので、お守りとして持っていましたが、コンドームが破れるというアクシデントが起こりました。

エラ(Ella)を持っていたので、すぐに服用して次の生理日までドキドキしながら過ごしました。予定日を過ぎて2日ぐらいで、普通に生理が来たので安心し、エラ(Ella)の効果を実感しました。

エラ(Ella)は、避妊に失敗したその日のうちに飲まなくても、5日間という長い猶予があるのも安心です。

他の同じようなタイプの薬は、3日以内や4日以内というものが大半なので、画期的だと思います。

使った後も、やはり持っていないと不安なので、もう一度エラ(Ella)を購入しました。効き目の高い薬なので、思わぬ副作用があるのかもと心配していましたが、体調に変化は見られません。服用した後も、毎月順調に生理があり、飲む前と変わっていません。

エラ(Ella)常用することは禁じられているので、常飲することはありませんが、これからも、いざというときに活用していきたい薬です。

エラ(Ella)服用後に注意すべき副作用の症状

緊急避妊薬として販売が行われているエラ(Ella)は、使われている成分などについて知識を深め正しい使い方を行えるようにしておきましょう。避妊に失敗してからなるべく早く、遅くても120時間以内に摂取することが望ましいため、必要になってからあれこれ調べることになってしまうとよくないからです。

有効成分がウリプリスタール酢酸エステルで、薬を服用した後に排卵を抑制させたり子宮内膜を変化させてくれるため、受精や着床しにくくなります。

エラ(Ella)は、1回に1錠が基本的な服用量です。
緊急避妊に失敗するのが嫌だからと何錠も服用すると副作用が起こる可能性があり危険です。

頭痛や吐き気などが起きやすく、体質によって腹痛や月経が乱れることがあります。状態がひどいときには、薬を持参して医師の診断を受けたほうが良いです。

イギリスの薬で日本人に合わせて作られたものではないため、通常の薬よりも慎重な対応が欠かせません。

飲み合わせが悪い成分があって、エラ(Ella)はセイヨウオトギリソウと相性が良くありません。セイヨウオトギリソウは、サプリメントやブレンドされたお茶などに含まれていることがあるので、薬を服用した後に摂取するものには注意しましょう。

成分の影響を受けやすくなって、副作用が現れやすくなってしまいます。

エラ(Ella)は個人輸入代行通販で購入すると便利

エラ(Ella)は需要の高い緊急避妊薬です。性交後72時間以内に服用すれば、およそ95%の避妊効果があることが報告されており、120時間であれば85%の避妊効果が期待できます。

避妊を忘れた時や、性交中にコンドームが破れてしまった場合などに役立ちます。有効成分は、プロゲステロン受容体に作用するウリプリスタール酢酸エステルですが、この成分は優れた排卵抑制作用を持ち、また受精卵の着床を防ぐ作用があります。

エラ(Ella)はヨーロッパでは2009年に、さらに2010年にはアメリカでも医薬品として承認されました。しかし日本国内ではまた未承認のため、購入したい場合は、通販サイトから入手することになります。またエラ(Ella)は海外製なので、通販サイトは専門の個人輸入代行業者によって運営されています。

海外製の医薬品を専門に扱っているサイトなので、ここを経由して注文するとトラブルになりません。専用の注文フォームに、日本語で必要事項を入力するだけです。

注意点として、購入したエラ(Ella)を自己判断で過剰に摂取すると、身体に負担を掛けてしまいます。医薬品なので、必ず服用量を守って摂取することが大切です。

>>エラを最安値で購入へ<<

エラ(Ella)を個人輸入で購入する利点と注意点

望まない形での妊娠を避けるためには、性交する際に、きちんと避妊をする事が重要だったりします。ですが相手の男性がコンドームを付け忘れたり、或いは付けていたコンドームが破れていたりして、避妊に失敗してしまう事があるものです。

その際、緊急避妊薬を服用する事で性交の後からでも、望まない妊娠を回避する事が出来ます。エラ(Ella)もそんな緊急避妊薬の1種であり、性行為から3日以内なら95パーセントの確率で、5日以内なら85パーセントという高確率で望まない妊娠を避ける事が可能です。

だからこそ、まだ妊娠を望んでいない女性は、万が一の場合に備えてエラ(Ella)を用意しておく事をおすすめします。

ただしエラ(Ella)の様な緊急避妊薬は、日本だと市販されていないので、わざわざ病院に行き、処方して貰う必要があるのです。ですが個人輸入という方法であれば、病院に行く手間が省ける上に、安く緊急避妊薬を手に入れる事が出来ます。

もっともエラ(Ella)を個人輸入するとなると、海外のサイトに行き外国語を読みつつ購入手続きを行うのが基本です。ですがその方法だと、購入手続きが上手く行かなかったり、或いは間違った商品を購入する等のトラブルが生じる恐れがあります。

なので日本語対応している個人輸入代行業者を利用して、エラ(Ella)を購入すべきです。